FC2ブログ
 努力すれば綺麗な人生を歩めた筈が、そんな物糞くらえとばかりに進んだらこうなりました
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
コルテオ見たよ


20090405144021

コルテオを見てきました!


超面白い!
感動した!


もう一回行きたいな~

-------------------------------------

お待たせしました!追記ですww



シルク・ドゥ・ソレイユはZEDに続き2回目。

今回のコルテオは円形劇場で、舞台がまん中にありその周りをぐるっと客席が囲んでいる感じです。
なので正面という概念がないのでどの席で見ても楽しめると思います。
(しかもステージがぐるぐる回るし)

ちなみに私はGブロックの前から4番目の席でした♪
Gブロックは演者がはける花道的のすぐ横。
コルテオ
HとかCブロックが正面と言えば正面かも…

ちなみに、花道に接した4隅にはピエロが演奏するボックスブースがあります。
フツーにピエロの格好した人がそこでギター弾いてて吃驚しました。


オフィシャルのサイトを見てもらえれば演目が解ると思うので、あえていちいち書きませんが、私はシャンデリアが一番好きでした!!
アレやりたい!!(←無謀)
すっごく楽しそうで…
っていうか、一番最初の演目だったというのもあるかもしれませんが、ド迫力で感動しました。

あと、パラダイスという人間空中ブランコ(?w)の受け手側の男の人が全員屈強過ぎて笑った。
全員マジでマッチョメン。
多分あの支え役をやるには必然とああいう体になってしまうんだろうなぁ…と思いつつ、あまりにマッチョ過ぎて引きました。汗


あ、どうでも良いことですが、
太鼓のお兄さん(ピエロ)が地味にイケメンそうでキュンとした。

今回のコルテオはZEDに比べて演目が少ない気がしたんですが、そんなことないんですかね?
なんか、あっという間に終わってしまって、ラスト全員が出てきた時に
「え?もうこれで終わり?!」
と思ってしまった。
それだけ濃い内容だったということなのだとは思いますが。

ほんともっとずっと見ていたかった~
又違う席から見てみたいなー


一緒に行った母は、コルテオよりもZEDの方がお気に召したようで、
「コルテオは1回で良いけど、ZEDはもう1回見てもいいわ」
と上から目線なことを言っておりました。ww


私はどっちももっと見たーーーい!!!


コルテオは見た方が良いですよ。

ぶっちゃけ私は今まで馬鹿にしていた部分がありました。
CMやり過ぎだろ?とか、タレント動員し過ぎだから。とか。
確かにそういう所は鼻につくけれども、それで見ないのは損。
そういうのどうでも良いわ!と思えるくらいに楽しめます。

是非見に行ってみてください!!!




ランキング←読んだよ~って方はコチラ。
CoroBoxランキング←もっとガンバレって方はコチラ


スポンサーサイト






2009⁄04⁄05(Sun) 14:40   Dialy | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top


Comment

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |

Calender

プロフィール

あさき

  • Author:あさき
  • 生抜きの合間に人生送ってます。
    →あさきちキーワード
    webデザイン/グラフィックデザイン/写真/highendヲタ/チビ/暴れん坊/面倒臭い/怠惰/テクノ/ロック/ダーツ/アルコール/スノボ/ヨガ
    音楽&活字ジャンキー
    ちやほやされたいです。

     
    +Spiral]運営中
    詳しいプロフは↑の本家サイトに掲載中。
     
ブログランキング

ランキング参加しています。
応援クリックを是非!!


↑投票お願いシマス!!

CoroBoxランキング
↑コチラもヨロシク。
ブロとも申請フォーム

COUNT

現在の閲覧者数:

無料カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

参加中

[Bling]ブログにクチコミを書いて話題の製品やおこづかいをゲット

↑Top



Copyright © 2018 Corobox.com:BLOG. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。